読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NVDA情報局(フラグ)

投資家目線でNVDAを買い煽るためのメモです

あなたが DRIVE PX‐2 について知っておくべきこと

  Images

 

 TMF に自動運転向けプロセッサである新型のDRIVE PX‐2 に関する記事が出ていましたので、端折って意訳いたします。

 

・これは手のひらサイズの、エネルギー効率に優れた、AIスーパーコンピューターで、自動運転やマッピング向けのものだ。

・これは以前発表されたDRIVE PX‐2のシングル・プロセッサ版である。

・NVDAは現状、シングル・プロセッサ版、ダブル・プロセッサ版、ダブル・プロセッサが箱に入っていてそれが2つ重なってる版の3タイプをリリースしている。それらの組み合わせが一つの車に搭載されるのである。

・ちなみ一応の目安として、にシングル版はオートクルーズ向け、ダブル版はオートショーファー向け、2ユニット版は完全自動運転向けのようである

・ The processor also has an SoC specifically for handling inputs(ハンドル・インプット) from multiple cameras(2つの青いカメラ用ソケット), lidar(リーダーレーザー), radar(レーダー), and other self-driving component sources. 

・この最新のプロセッサは、高速道での自動運転、HDマッピングに向いており、10ワットしか消費しない。

NVIDIAは、DRIVE PXユニットをいくつか発売してきたが、この最新バージョンは、よりエネルギー効率に優れ、かつAI機能ニューラルネットワーク能力にも優れたものとなっている。

バイドゥは、このチップも利用しつつ、HDマップベースの自動運転製品を自動車会社向けに開発しており、2018年までに自動運転車をリリースする予定である。

バイドゥは中国で開発テストを繰り返しており、ある面ではグーグルよりも開発で先を行っている。

バイドゥは、クラウドベースの自動運転車に注力している。

・NVDAは、この新しい製品を、2017年1月期のQ4に出荷予定である。

・これにより、自動車会社にとっては、より細かいステップで自動運転技術を導入していくことができるようになる。自動車会社に、自動運転技術への複数のエントリーポイントをNVDAが用意できることになる。

・Q2の自動運転関連の売上は、$119ミリオンであり、全体の8.3%である。

 

 

www.fool.com