読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NVDA情報局(フラグ)

投資家目線でNVDAを買い煽るためのメモです

NVDA買い煽りあるある

f:id:booniebichon:20161018200729j:plain

株価も一時の$68からやや落ち着いて、$64まできたNVDAですが、これからが本番です。

 

Q3決算出てからじゃ遅い!

 

今がお安く買えるラストチャンス!

 

奥さんいかがですか!

NVDA自動運転あるある

自動運転あるある①:Q2で前年比68%売上が上昇

 ・ただ規模はQ2で$113ミリオンと売上全体の8%ではある。

 ・製品別で見るとTegraの売り上げがQ2では前年比30%増えたのだが、その大部分が自動車部門すなわちDRIVE‐PXからもたらされた。

 

自動運転あるある②:自動車メーカーからの厚い信頼

 ・インフォテイメント利用:BMW、HONDA、Tesla

 ・自動運転プラットフォーム利用:BMW、Ford、Daimler、Audi

 ・DRIVE‐PX2 利用業者はティア1を含めて80社以上

 

自動運転あるある③:さらなる自動運転プラットフォームの追及

 ・TomTom(ヨーロッパ3Dマッピング)との提携

 ・エグゼビアチップの発表(2017年末発売予定、消費電力4分の1)

 ・BCGによると、自動運転市場は、2035年には、$77ビリオンの可能性を持つが、NVDAはその中で着々と主要な位置を占めつつある。

 

 

 

NVDAデータセンターあるある

データセンターあるある①:小さいが急速に成長

 ・現状では売上げ全体のうちの6.8%

 ・2013年1月期~2016年1月期の3年間で40%成長した。

 ・今期は前年度比で売上が、Q1が63%UP、Q2が110%UP!

 ・自動運転、AI、DL需要が続けば、この高成長が続くか?

 

データセンターあるある②:超高収益

Margin Mix

 ・IP除けば一番利益率が高く、このまま成長できれば全体の粗利益率向上に資する

 

データセンターあるある③:スパコン向けだけじゃない

  ・以前は伝統的スパコン市場向けにGPU売っていたが、現在は金融機関、製造業、気象関連、教育機関向けにも製品を出荷しつつある。

 ・SNS、オンライン小売、マスメディア、クラウド・コンピュ―ティングの顧客も獲得しつつある

 ・このマーケットで最大限見積もった場合には、$5ビリオンの売上ポテンシャルを、NVDAは見込んでいるようだ

 ・(今期売上は$600ミリオン弱か?それでも十分なのだが、将来的には8倍のポテンシャル?ただDCでのGPUの活用がより一層進み、かつ有力なライバルが出現しなければ、ありえなくもない数字と思われる。と思ってたら、Q3決算でとんでもない売り上げアップが発表されたので、通期で$800ミリオン狙えるかもしれない)。

 

 

NVDAグラボあるある

グラボあるある①:規模は大きいが高成長を維持

 ・2016年1月期で、$2818ミリオンを売り上げ、売上全体の56.2%を占めている。

 ・2013年1月期からの3年間で30%成長しており、今年度もQ1で17%、Q2で18%と前年度比15%以上成長している。

 ・(GTX1070以降のモデルの売上がQ2には含まれていないであろうことを考えると、Q3は前年度比20%以上成長か?と思ってたらここでも超弩Q決算が来た。なんと是前年度比 63.5% UP。びっくりして株価も30%上昇した。)

 

グラボあるある②:高収益である

 ・ノンギャップ粗利率が58.1%!である。

 

グラボあるある③:結局GPUの高性能化への研究開発投資が、すべてのビジネスの成長の根幹となっている

  ・2016年度に$1.331ビリオンの研究開発費、その大部分がGPU研究開発費だと思われる。

 ・このように安定して高収益を上げられ、なおかつ成長しているグラボビジネスを持っているがゆえに、自動運転、データセンター、プロヴィズなどにスケーラブルに積極展開できているのである。